NISAとは

座談会モニターで稼ぐための情報サイト
NISA口座のランキング NISA口座の比較 NISA口座のキャンペーン NISAで株 NISAで投資信託 NISA
NISAってなに?
NISA口座のメリット

NISA口座のデメリット

NISA口座の活用法

NISA口座の非課税期間
NISA口座開設に必要な書類
NISA口座で投資できるもの
NISA口座なら株手数料無料!
NISA口座は開設し直し不可
NISA口座いつ開設するか?
NISA口座どこに開設するか?



目次


NISAってなに?
なぜNISA口座が誕生したのか?


NISAとは

NISA口座で投資を行うとそこから出た利益については税金がかかりません。

例えば一般の株口座だと株で出た利益の20%が税金で持っていかれますが、
NISA口座なら20%どころか0%です


だからこそNISA口座が今脚光を浴びているわけです。

こんなに魅力的なNISA口座ですが、
投資で得た利益への課税がゼロというところにはいくつかの条件があります。

  • 年間で100万円までの投資元本から出た利益への課税がゼロ
  • 1人1口座しか持てない

以上のような約束があります。
普通の株口座であれば上記のような制限はありません。年間1億だろうか10億だろうが取引することができます。もちろんそこから出た利益には20%の税金がかかっていきますが。
NISA口座では年間でたったの100万円までの投資金の中での利益がゼロになるだけです。

また、一般の口座なら複数作ることができます。
実際私も一般の株口座は全部で7つ持っています。7社分の口座を開設したということです。
しかしNISA口座ではそういうことができないということです。
マネックス証券で一度作ってしまったら、その他の証券会社では作れないということです。

以上のような約束がNISA口座にあるにも関わらず、なぜこれほどもてはやされているのでしょうか?

なぜNISA口座が誕生したのか

2014年から投資で得た利益の20%が税金として国に持っていかれることになります。
2014年以前はこれが10%でした。
じつに2倍の税金が持っていかれることになります。
こんなに税金が高くなると、初めてやろうと思う人も今までやってきた人も含めて、株をやろうと思う人も減ってしまいます。

投資をやる人が少なくなると経済もうまく回っていきません。
そうなるとまずいので、税金が20%になったとしても投資をする人が減らないようにできないかということでNISA口座が誕生しました。

年間で100万円までの元本に対してしか税金をゼロにできないけど、これから株を始めようとする初心者の人であれば、NISA口座でも十分に非課税の恩恵を受けられるでしょ!?
ということなんです。

初めて株を始めた人がいきなり数千万とか数億の株取引をするわけありませんよね。
まずはNISA口座で投資をやって投資の世界に慣れさせるという意味合いもあると思います。

見方を変えればNISA口座は10%の税金がとられていた2013年以前よりも投資をしやすい環境になっているともいえます。

どういうことか?
2013年までは年間50万円を投資してそのうち10万円の儲けが出た場合、10万円から10%税金として持っていかれます。つまり1万円が税金として持っていかれるわけですが、NISA口座であれば非課税になります。

つまり年間100万円以内でしか取引しない方であれば2013年以前よりも断然有利に投資をできるということです。


このページの一番上に戻る

 

Copyright(C)NISA口座 All Rights Reserved.