5大ネット証券でNISAの手数料が無料!

座談会モニターで稼ぐための情報サイト
NISA口座のランキング NISA口座の比較 NISA口座のキャンペーン NISAで株 NISAで投資信託 NISA口座だと株手数料無料
NISAってなに?
NISA口座のメリット

NISA口座のデメリット

NISA口座の活用法

NISA口座の非課税期間
NISA口座開設に必要な書類
NISA口座で投資できるもの
NISA口座なら株手数料無料!
NISA口座は開設し直し不可
NISA口座いつ開設するか?
NISA口座どこに開設するか?






手数料無料キャンペーン実施中のネット証券にNISA口座を作ろう


5大ネット証券のうち、マネックス証券を除く4社がNISAの株売買手数料を無料にしています。
通常のネット証券口座だと数百円の売買手数料がかかりますがNISA口座ではそれが無料になるのです。通常の口座より手数料面で優遇されているのがNISA口座なのです。

マネックス証券を除く4社とは以下の4つ。

  • 松井証券
  • sbi証券
  • カブドットコム証券(売却時は手数料がかかる)
  • 楽天証券

この4つの証券会社が株の売買手数料を無料にしているので、NISA口座で使える100万円を株式に注ぎ込むつもりなら上記の4つのネット証券のどれかがお得ということです。

ただしNISA口座は1人1口座でいちど開いたら4年間は解約できず、使い続けなければいけないのでその点も考慮した上でどこに口座を作るか決めましょう。

〜4つのネット証券の比較ポイント〜

  • カブドットコム証券だけ売却時に手数料がかかる(その分不利)
  • sbi証券と楽天証券は株式手数料無料期間は2014年度だけ(ずっと無料なのは松井証券)

こうやって見ると5大ネット証券の中で最も有利に株取引ができるのは松井証券だということが解りました。松井証券は通常の口座でも10万円までの銘柄は手数料が無料という業界唯一のことをやってのけています。無料というのに並々ならぬこだわりがあるのでしょうね。

5大ネット証券の中で唯一手数料を無料にしていないマネックス証券ですが、無料じゃないから使い物にならないかといえばそんなこともなく、代わりに投資信託の購入手数料が無料です。
株式ではなく投資信託にNISAの100万円を投資する予定ならマネックス証券にNISA口座を作るのがいいといえます。


このページの一番上に戻る

 

Copyright(C)NISA口座 All Rights Reserved.