NISA口座で投資信託をすれば投信手数料は無料になります。

座談会モニターで稼ぐための情報サイト
NISA口座のランキング NISA口座の比較 NISA口座のキャンペーン NISAで株 NISAで投資信託 NISAで投資信託
NISAで投資信託
NISA口座ではポートフォリオのリバランス調整ができない
投資信託は運用実績で選ぶ
運用ファンドの開示情報を見る



目次




NISAで投資信託

NISAで投資をするときには株式投資と投資信託の2種類がありますが、どちらかと言うと投資信託の方がNISAを最大限に活用をすることできます。

株式投資と違って投資信託の場合は1万以下から購入することができますし、年間のNISAの非課税枠100万円ぴったりで投資信託を目一杯買うこともできます。株式投資の場合は1つの銘柄を買うにしても100万円ぴったりで買えることはまずありません。

そういう意味では株式投資よりも投資信託のほうがやりやすいです。


また、別のページでもNISAをやってよかったと思える最高の瞬間は投資したものが数倍数十倍になったときと書きました。確かにそれは事実なのですが、数倍に値上がるという事はその逆もあるということです。

NISAで購入した投資商品が値下がりしたら基本的には良い事は何もありません。
損失を出した時の損益通算もできませんし、NISAの口座から通常の課税される口座に移管された後に、値上がった時点から課税されるので、気をつけないとむしろNISAなんかやらなければよかったと後悔することも十分にあり得ます。
おそらく将来、実際にそーゆー局面にぶち当たって後悔する人の顔すら想い浮かべられます
NISAに関する落とし穴の知識を知らない人も沢山いると思うのでそこだけは私も心配しています。

ちょっと脱線してしまいましたが要するにNISAでは損を出したくないのです。

そーゆー意味で値下がりリスクが大きい株式投資よりも投資信託の方が安全安定的に運用していくことができるということです。

もちろん投資信託にも値幅が大きい商品はありますが、債権をメインに組み入れた投資信託などは値幅が小さいので儲けも小さいですが値下がりの心配もそれほどありません。
なのでNISAでうまく運用する自信がない初心者の人は株式より投資信託を購入したほうがいいと思います。

NISAで株をやるのはどちらかというと上級者向きと言えそうです。


・NISAで投資信託の積み立てもできる
楽天証券、 sbi証券では投資信託の積み立てができます。どちらも500円前後の少額から可能です。
年間100万円の非課税枠を全て積み立て投資で埋めることだってできます。1ヵ月83000円積み立てれば年間でほぼぴったりの100万の枠を使い切ることができます。


このページの一番上に戻る

 

Copyright(C)NISA口座 All Rights Reserved.